京都高度技術研究所でのインキュベーション・イベント

みなさんこんにちは。

本日(2018年8月1日)、公益財団法人 京都高度技術研究所(ASTEM)内のインキュベーションオフィス:STC3で開催された交流イベント「京都の弁護士と起業家の経営法務勉強会」に参加してきました。
20名ほどが参加し、奥村・岡田総合法律事務所の岡田一毅弁護士から「売掛金・費用の実戦的回収法」についてお話がありました。

岡田一毅弁護士 http://okadalaw.com/

ポイントとしては、

  1. 契約内容の合意を証明できるようにする
  2. すぐに対応する 
  3. 回収困難なときは、次善の策として、税務処理する方策を考える

の3点が重要とのこと。
回収が長引いた際、時効中断のためには「一部でも支払ってもらうこと」というのは、目からウロコでした。内容証明郵便送付だけではダメなんですね。

 

交流イベントを開催されたSTC3は、当社もオフィスを置いており、百数十社が会員になっています。
行政の支援もあり、月額@1万円という格安な価格でオフィス機能を利用することができます!
また、今回のような様々な起業家支援イベントも開催されています。

起業準備中・起業直後の企業のインキュベーションがメインですが、他府県に本社があり京都に拠点が必要になったという場合でも利用できる(大企業でもOK)とのことですので、京都でオフィススペースやミーティングスペースが必要な方は、ご検討されてはいかがでしょうか。

新選組が活動していた壬生や島原のすぐ近くで、オフィスは8Fですので、眺めも素晴らしいですよ!

京都高度技術研究所 STC3 https://stc3.net/

    遠景の比叡山 

ではまた。

One Comment

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です