代表者ご挨拶

◇ 社外の『経営参謀』にご相談ください

 私はこれまで、様々な会社を渡り歩いてきました。勤めた会社の売上規模は1億円未満から100億円超、業種はサービス業(飲食・ウェディング・カラオケなど)・内装ディスプレイ業・M&Aコンサル・投資事業など、多岐に渡る中堅・中小企業です。上場企業もあれば未上場企業もありますし、準公務員的に財団法人で産学連携支援をしていたこともあります。一度退職した会社に、数年後に出戻ったこともあります。業種や規模は様々ですが、職種はほぼ一貫して社長室や経営企画部などの経営トップサポート部門でした。 経営トップと密着している部門ですので、経営トップの持つ様々な悩みや課題を、内側から見てきました。

 「業績が思わしくないが、原因は何だ?どう手を打とう?」、「資金繰りが心配だが、資金はいつまでもつのだろう?どう調達しよう?」、「取引先とトラブルになってしまった、どう対応すればいいんだ?」、「A部長はなぜ指示通りに動いてくれないんだ。私の話、ちゃんと伝わっているのかな?」、「業界全体が右肩下がりだが、将来はどうなるだろう?」、「親父の後を継いだが、こんな状況だったとは知らなかった」、「M&Aの話が来たが、どうすればいいんだろう?」、・・・。

 経営者は孤独です。悩みがあっても、社員にも、経営者仲間にも、家族にも相談できず、一人で抱え込んでいらっしゃる方が大勢います。そんな社長がまずすべきことは、相談できる相手を見つけることです。誰かと話をすることで、頭の整理ができ、やるべきことが見えるようになります。「悩み」が「課題」に変われば、「対策」が打てるようになるのです。

 経営に「正解」はありませんし、私は「答え」は持っていません。むしろ持っていてはいけないのです。会社の未来を決めるのは、社長ご自身だからです。多くの仮説や選択肢の中から、「より良さそうなもの」を自ら選択・決断し、実行するしかありません。私が持っているのは、「我が事」として社長と一緒に考える姿勢です。まずはご相談ください。一緒に考えましょう!

 

 

合同会社大福コンサルティング

代表社員 福村武一

 

◇ 主なプロフィール

 上場会社の創業オーナー社長の秘書(かばん持ち)として社会人人生をスタートし、様々な会社で社長室長・経営企画部長・子会社社長などを歴任。複数の上場会社での役員経験を持つ。
 M&A・新規事業・海外進出などの「攻め」と、事業計画策定・資金調達・法務対応などの「守り」の両面から、経営トップをサポート。通常のライン(営業・管理等)では対応できない特命業務を数多く行ってきた。
 15年間の東京生活を経て、2018年に地元:関西に戻り、当社設立。
 「経営を数字で語る」がモットー。

 

1970年 大阪生まれ
京都大学農学部卒・京都大学大学院農学研究科修了(育種学)
2001年 (株)ASK PLANNING CENTER(当時JQ上場、内装・ディスプレイ業)で執行役員経営企画室長に就任
2002年 (財)京都高度技術研究所にて、故 堀場雅夫氏(堀場製作所 創業者)
ヘッドとする産学連携プロジェクトに参画
2003年 (株)モック(当時東マ上場、ウェディング・飲食業)で執行役員社長室長・投資子会社社長に就任
M&Aした子会社各社の取締役・監査役を歴任
2008年 みらいエフピー(株)(M&Aアドバイザリー会社)で執行役員FAS部長に就任
 ※FAS:ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス
2013年 (株)鉄人化計画(東2上場、カラオケ業)で社長室長・海外子会社社長に就任
2018年 当社設立